【参加者募集】日常生活の中で、どんな地味なことでも魅力に変える身体表現ワークショップ

日常生活の中で、どんな地味なことでも魅力に変える身体表現ワークショップ

「何かを描いたり、何か作ったり、アートなことはやってない。
けど、日常の姿に魅力があるから、もっと輝かせたい!
でも、どうしたら良いかわからない…」
そんな方が身近にいる支援者の方へ

オンラインでも魅力が見つかる!
視点が変われば、日常はもっと面白い!

※チラシ(PDF版)のダウンロード

開催方法:「Zoom」を使用したオンラインでの開催
※アトリエ・サンクへ来場しての参加も可


定員:各回5組(アトリエは人数制限有)

開催日程:全4回(どれか一つを選んで参加)
1.10月17日(土)10:30~12:00
2.11月14日(土)10:30~12:00
3.11月14日(土)13:30~15:00
4.12月19日(土)10:30~12:00

 

今年は「ファミリーシアター」で、オンラインでの表現に挑戦!
障がいがある方、ない方、
人前でパフォーマンスして楽しませたい方など、
いろんな方をお待ちしています!


お申込みはこちら

講師:
小松原修(ドラマディレクター/うれしの特別支援学校)
1994年より特別支援学校で肢体不自由、知的障害教育に携わる。1999年より、障害のある人たちと演劇を作るチャレンジステージを主宰。2005年には明治安田生命主催のエイブルオンステージのパートナーに選出。演劇などを使って、障害者の一人ひとりの魅力を発掘し、既成の形にはとらわれない社会貢献の在り方を提案している。
2018年文部科学大臣表彰