【「Sブリュット 権利擁護セミナー」ご感想の紹介】

1/14(土)に開催した「Sブリュット 権利擁護セミナー」にて頂いた

参加者の皆様のご感想を紹介させて頂きたいと思います。

【講師:安永恵子先生(安永法律事務所 副所長 弁護士)、

齋藤誠一様(社会福祉法人グロー・アイサ)】

 

●安永恵子先生 講義「芸術活動と発生する権利について」

 

・著作者や著作権等についてこれまであまり考えなかったところも分かりやすくお話しして頂いて良かったです。

 

・改めて著作権を考える良い機会となりました。本人を守るとは…考えさせられました。

 

●安永恵子先生・齋藤誠一様「事例検討」

 

・自分の事業所でのことを踏まえて聞いていて、参考になる話が多くとてもためになりました。

 

・すでに起こっていることを知ることで、今後同じような問題に対して柔軟に考えていくことができるのではないかと思いました。

 

・単純に事業所でして頂いたことなので、事業所にゆだねるものだと思っていたのでそんなことが問題になるんだなぁ…と勉強になりました。

 

●齋藤誠一様「作者の権利を守る具体的方策 ガイドラインについて」

 

・ガイドラインを実際に作ってみることで分かることがあった。他の事業所さんと一緒に話すグループワークは良かった。

 

・後々もめないためにも明確にラインを設定してもらうのは、利用者、事業所にとって良好な関係を保つためにもとても大切だと感じました。

 

・正解がなく事業所ごとに工夫できるので少しモヤモヤとしましたが、まずは考えることが大事だと思いました。きっかけになりました。

 

●研修全体を通して感想

 

・ガイドラインが当施設でも必要だと思った。(外部での販売は今のところないが、行事での作品販売をしているので)

 

IMG_2183 IMG_2195 IMG_2185 IMG_2203